PC関係

キーボードにカビが…徹底清掃、無水エタノールでピカピカに。

ブログ記事を書く時、ゲームをする時
パソコンを使う上で欠かせないキーボード

巷では、オリジナルPCならぬ
オリジナルキーボードを制作する
こだわりを持つ人もいるらしい。

現状

使用中のキーボード「Logicool K800t」

ヨドバシカメラやエディオンなどで
一番打ちやすいキーボードを現地で調べ
気に入ったのが「K800t」というキーボード。

バタフライ式の一般的なキーボードで
カチャカチャという打撃音はなく
どちらかといえば、静かな方だ。

またキーボード自体もフラットな形状で
いわゆるノートパソコンのキーボードのようだ。

[card id=”2788″]

キーボードの故障を疑って、古いものを使っていたが
PC側が原因だったことが判明したので箱から取り出した。



だったのだが、戻した瞬間調子悪くなったPC・・・

掃除前の状態

箱から取り出すと悲惨な状態になっていた。
カビが生えていたのだ。
近所では冠水するレベルの雨
それに伴って湿度が高い日が続いたせいだろうか。

キーボード清掃の内容

無水エタノールで拭き上げ

使用したのは無水エタノール
薬局なんかでも売っている。

カメラレンズの拭き上げ用に購入したが、
衛生的拭き上げ跡なんかも残りにくい
何かと便利なものなので、一家一本あっても良いと思う。

ティッシュに含ませ、
拭き上げるだけで見違えるほど変化が見られた

注意

無水エタノールを使用して、
マウスの塗装がゴリゴリ落ちていった経験があるため、
使用の際は説明書をよく見よう。

何でもかんでも使用できるわけではない。
この際は、水の【激落ちくん】とかで妥協しよう。

掃除機で内部のゴミを吸い出し

内部に入り込んだゴミはダイソンにて吸い出して掃除した。
バタフライ式のキーボードなのでキー自体を取り外すことは一応できるが
破損に繋がる可能性が高いので、そうはしなかった。

もちろんエアダスターがあるならそっちの方が良い。
吸引力が変わらないダイソンよりも威力は高い。
使い捨てだけど。

掃除後

キーを移植しなおし、比べてみることに。
いかがだろうか、見違えるほどきれいになってるのがわかるだろう。

普段から使っていれば、
こんなカビがつく前には流石に気がつくだろう。
しかし、毎日使う入力機器だからこそ、
たまにはキーボードの清掃をしてみると良いかもしれない。

おまけ

キーボードをきれいにしたからと言って、
PCの不調が直るわけではない。

[card id=”2967″]

あきらめて、購入に踏み切った…。