朝活を挫折する原因。

出勤が朝の5時台なのですが、

よくランニングとかしてる人がいてすごいなーって思います。

「俺も早起きして朝の時間を有効活用して意識高い人間なろう!!」

=完=

GWでわかったのは、意識して起きないと

平気で10~12時間ぐらい寝てしまうことです。

朝早起きして活動することは

夜更かしより良い生活習慣であるとは思いますが。

やはり実践するのが難しい。

そんなわけで、「挫折する原因」を調べ現状と比べてみました。

5つの原因

1.早起きしても何もやることがない。

朝活といえば運動や勉強…せっかく起きたなら名前の通り活用できるもの

定番の筋トレやランニングとかが良い気がしますが。

いきなりそんなHP消費するようなことが出来るわけがないので…

これだ。

2.睡眠を阻害する行動

寝る前にスマホを見るとかコーヒー飲むとかのことですね。

カフェインは摂取しないようにはしています。

が、スマホはちょいちょい見てしまってますね、

ちょっとベッドから離れたところに置いてみましょう。

寝る2時間前にお風呂、3時間前に食事が良いそうです。

あー、全然出来てないわ…

そして、部屋を暗くすることが良いそうです。

この辺は意識高い系照明が役に立ちそう。

3.睡眠負積

日々の足りていない睡眠時間の積み重ねのことですね。

毎日の足りていない時間分を週末に寝てしまうやつです。

昼に起きてしまったパターンは大体これ。

もちろん朝活のために睡眠時間を削るなんてことは考えてはいません。

しかし、最低でも7時間は寝よう…と思うのは簡単ですが。

帰宅後、猛烈に眠く17~21間でよく寝ます。

そして2時ぐらいまで眠れず4時30分前後で起床という形。

一応6時間30分ほどは確保出来ているみたいですが。

分割して睡眠するのはどうなのだろうか。これは要調査、検証

4.予定外の用事

飲み会でいつもより遅い帰宅とか重労働を強いられたHP低下で予定通りに過ごせない…などなど

対応できる柔軟性を持とうなんていわれてますが…

対処不能じゃね…?

5.大幅な時間変更

ワイ:明日から5時起き習慣や!

脳:今まで7時に起きてたのに急に5時おきなんて無理だわ!寝るで!

まぁ、無理…と思ったのですが…

前職でも今の仕事でも交代制のため勤務時間が朝と夜(夜勤ではない)のためその気になれば多分変えることは可能なのだとお思います。

とはいえ、負担はかかっているのでしょう…。

この辺はよく転がっている記事を参考にできないところが残念です。

幸い前職みたいに一週間のうちに頻繁に変わることがないので

日曜日をうまく消費して習慣を切り替えることが…できればいいなぁ。

まとめ

うまくいかないかもしれませんが、

悪い習慣がやめられないのと同じで、良い習慣であっても

すぐには体が受け付けてくれません。

まずは1と2の改善から行っていきたいと思います。

(趣味は早朝トレーニングです)Oo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)