【5日目】予定がないならイラストを書こう。

「休みをもらっても、使い方がわからないので仕事をしたい」

仕事をすることが生きがいなんだと言い張る、

残念な方たちのインタビューが話題になっていますね。

仕事を「時間を潰すためのもの」と考えているから非効率的な作業を行ったり。

残業をしているのでは無いでしょうか。

仕事と休みにメリハリがあってこそ、

定時までは頑張れるってものじゃないでしょうか。

「そんなお前は、休日何してるんだ?」といわれれば

ゆっくりと休んだうえで

自分の趣味に没頭しているに決まってるじゃないですか。

ブログにするネタもないしね

最近はもっぱらお絵かきです。

・ラジオを聞きながら

・好きな曲を聞きながら

・プラモデルを作成しているフォロワーさんの配信を横目にしながら

…など、ながら作業にもってこいです。

f:id:atray:20190421212229j:plain

(プラモデルは、税関を通る際14ドルほどかかるらしいが、ファッションと言い張れば…)

たとえ評価はされなくてもTwitterやブログに上げ、

おれは描いているアピールをしてモチベーション維持に努めましょう。

周りの目は大事で、一人だけで完結させようと

「誰も見てないしいいや」と大体諦めます。

ソースは俺。

落書きの必要性

「落書きは何時まで立っても落書き」

という言葉がありますが、練習という意味で時間を指定したりはせず、

あくまで趣味として楽しむために描く日も必要だと思います。

毎日練習地味たイラストを描くことは素晴らしいことですが、

それでイラストを描くこと自体を嫌になり、楽しく描くことができなくなってしまったら元の子もありません。

自由なものを描いていくと、

「あ、ここを描けるようになりたい」「もっとこうしたい」

など改善や練習内容も思いついてきます。

たとえば、先日の続編的な作品を描きましたが。

これを描くだけでもかなりの時間を掛けており、

線画…というより下書きで力尽きています。

そこから思った改善内容は

・単純に描く速度を早くするためにやり直し回数を減らす。

・ペン入れまでの工程を少なくしたい。

・+αでモノクロで魅せられる作品にする方法。

などです。

練習ばかりを繰り返すのではなく

息抜きで描くイラストが、成長する上では大事なのでは無いでしょうか。

鹿イラストは中毒性があるので初心者にはおすすめしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)