【SPM】秋月水着mode プチ改修

一部紳士の方なら気づいたかもしれませんが、もう一度。

f:id:atray:20190128221841j:plain

比較写真撮る前にやってしまった。

もう一回箱とフィギュアをおさらいしましょう。

f:id:atray:20190128224020j:plain

f:id:atray:20190128224030j:plain

f:id:atray:20190128224043j:plain

f:id:atray:20190128224055j:plain

照り返しとか写真の色移り、デコマスだからそうなっている○×▼■※☆

箱の方透けてるよね、フィギュアは透けてない。

プライズフィギュアだから予算の都合上仕方がないと言える。

だが、そうなった場合だれが手直しすると思う。

f:id:atray:20190128224827j:plain

atrayだ!!

水着にはタミヤウェザリングマスターHのアイボリー

肌部分にはタミヤウェザリングマスターGのキャラメル

を使っていきます。

頬は好みに別れますが、GのキャラメルorHセットのピーチで出来ます。

私はオレンジ色派なのでキャラメルを使っていきます。

f:id:atray:20190128225232j:plain

パーティングライン(フィギュアの場合もそう呼ぶかはわからない)は600番のヤスリで削ります。

f:id:atray:20190128225106j:plain

これだけでもだいぶましになります。

f:id:atray:20190128225315j:plain

谷間など、細かい隙間にはスポンジが入らないため筆を使います。

スポンジより色が乗らないので手間がかかりますが、おっぱいだもんそりゃ頑張るよ…。

この方法はメガミデバイス弓兵の素体にも流用できますので、お手持ちのおっぱいで挑戦しても良いかもしれません。

なお、ウェザリングマスターは水で落とせますので失敗や気に入らなかったらやり直せばOK

プチ改修後

f:id:atray:20190128225921j:plain

ちょっと上半身側の主張が激しいですがこんな感じになりました。

f:id:atray:20190128230544j:plain

f:id:atray:20190128230547j:plain

f:id:atray:20190128230548j:plain

f:id:atray:20190128230003j:plain

f:id:atray:20190128230014j:plain

頬が入って印象が変わって良くなり、谷間にもいい感じに影が入ったと思います。

f:id:atray:20190128230333j:plain

f:id:atray:20190128230045j:plain

水着もうるさくならない程度に透けてる感が表現出来ました。

f:id:atray:20190128230028j:plain

f:id:atray:20190128230432j:plain

とはいえ、もうちょっと影の入れ方は勉強したほうが良さそう。

その点はイラスト練習も兼ねてやっていきたいと思います。

f:id:atray:20190128230643j:plain

f:id:atray:20190128230658j:plain

スケボ過ぎて生きるのが辛くなってきたのでここまで。

以上SPM秋月水着modeプチ改修でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)